低予算で投資ができるバイナリーオプション業者の比較について

By: Jessie Pearl

バイナリーオプションは二者択一で投資ができるために、初心者であっても予想しやすいものとして人気があります。バイナリーオプションによる投資をするためには、業者の口座を開設する必要がありますので、どこの業者が自分に適しているのか比較して検討しておくことが重要です。

バイナリーオプションの投資をする前に、口座に入金をしておくことになりますが、それぞれの業者によって事前に口座に確保しておくべき初回入金額が異なります。初回入金額については業者ごとに、5000円から10万円までと幅がありますので、事前に確認しておくことが重要です。

低予算でバイナリーオプションの投資をしたいと考えている人の場合には、初回入金額を比較して少なくても始められる業者がおすすめとなります。さらに、低予算による投資を希望しているときには、最低取引額にも注目しておく必要があります。初回入金額が低く設定されている業者であっても、1回の取引金額が高額になってしまうと取引そのものに多くの資金をかけなければならなくなるので、最低取引額も確認しておくと良いです。

低予算で比較したときにおすすめの業者となるのは、ハイローオーストラリアです。ハイローオーストラリアでは、初回入金額が5000円からで、最低取引額が1000円から始めることができますので、最初の入金分の5000円で10回の取引が行えます。さらに、ハイローオーストラリアでは新規の口座開設をしてから、初回入金を済ませることで5000円のキャッシュバックが受けられますので、初回の入金で20回分の投資ができることになります。

初回入金額が10000円で、最低取引額が500円から始めることができる業者として、スマートオプションもおすすめです。スマートオプションでも、10000円の初回入金を行うことで20回の投資ができます。Yバイナリーでは、初回入金額が20000円で、最低取引額が2000円に設定されていることから、最初の入金額で10回の投資を行えます。入金額を抑えて、投資回数を増やしたい人にはこれらのバイナリーオプション業者を選択すると良いでしょう。

バイナリーオプションのデモを利用するメリット

By: Demo für Alle

バイナリーオプションは国内のものと海外のものがありますが、国内の業者はツールを自社開発しているところも多く、その使い勝手は各社さまざまです。中には実際のレートでデモ取引をすることができる会社もあります。自己資金でなくデモで取引をするメリットはどのような点にあるのでしょうか。

バイナリーオプションの取引ルールを理解していても、判定時間が各社ばらばらなため、利益が出るかどうかは実際に取引をしてみないとわかりません。特に指数の発表に重なって判定が行われるような場合、実際に取引をしてみないとどのタイミングで判定されるかわからないためです。国内の業者の多くは店頭価格で判定をするため、市場のレートから乖離していることもあります。実際に投資をして失敗してしまうと損失になりますが、デモの仮想通貨であれば利益も損失も生まれません。

また、先ほどにも述べたように国内の業者の多くはツールを自社開発しているため、1社のツールに慣れていても別の会社では操作方法が全く違っており、誤発注してしまうリスクもあるのです。ツールの使い方になれるためにも、デモ取引は利用したほうが良いでしょう。パソコン向けのアプリはもちろんのこと、最近ではスマートフォンに対応しているところも多くなっています。iPhoneかAndroidかによっても使い方が大きく違うケースもあります。

バイナリーオプションは誤った発注をしてもすぐに決済すれば損失を抑えることができますが、デモであればいくら間違った取引をしても問題ありません。また、実際のお金を投資していると冷静な判断ができなくなることがあります。ツールに使い慣れていたとしても、一回デモ取引に切り替えることで、気持ちをスイッチさせることができます。投資で一番危険なことは、冷静さを失うことです。冷静でないときに取引をすると、普段では購入しないような大金を使ってしまい、大きな損失を出してしまうこともあるのです。

バイナリーオプションは損失が限定されているので安心

By: teofilo

バイナリーオプションを始める前にFXをしていたのですが、スイスフランショックの数日前にスイスフランを触っていただけに今でもゾッとする思いです。ロットはそれほど大きくありませんでしたが、1万通貨でも一瞬にして50万円近い損失が出ていたことを考えるとFXは恐ろしいと思ってしまいました。ドル円のようなペアでしたら、余程のことがなければ一瞬で1円動くことですら稀ですからそこまで心配はいらないのでしょうが、やはり損失が限定的ではないというのは少し怖いと感じました。

海外のFX等の場合には損失が証拠金の範囲内で収まるという話ですから、それなら安心ですが国内の業者だといくらでもマイナスになるおそれがあるので、やはりレバレッジを掛けた商品は怖いと思い安心して取引できるものがないか辿り着いた結果がバイナリーオプションだったのです。

予想が外れてしまった場合、投資した金額が全てなくなってしまうという大きなリスクはあるものの、逆に投資した分以上に損をするということがありませんから、その点安心だと思ったのです。そこで、すぐにバイナリーオプションを始めてみたのですが、これがなかなか奥が深い物でFXよりも簡単に見えて結構難しい部分がありますからすぐにはまってしまいました。

FXをしていた時よりもずっと少額での取引だったのですが、負けたらゼロというリスクがあるので資金管理がシビアになって真剣なトレードをすることができたのです。転売をすることで、早めの利食いができたり損切りをすることもできますし意外に取引の柔軟性も高く、損失が限定的ということもあって取引しやすいと感じました。

最初の頃は勝ったり負けたりとい感じだったのですが、慣れていく内に少しずつコツを掴むことができここだと思えるポイントにだけエントリーすればかなりの勝率を期待できるようになりました。今では大儲けとは行かなくても、コツコツとお小遣い稼ぎができているのでFXを始めて良かったです。

今年のドル円相場について。ドル円相場はいったいどう動くのでしょうか。

By: jinterwas

ついに2016年がやってきましたが、今年のドル円相場はどう動くのでしょうか。去年後半のドル円相場は120円台前半を基準にして動いていましたが、今年もそうなるのでしょうか。これはアメリカ大統領選挙の行方にもよりますが、まあ120円台前半から後半あたりをいったりきたりすると予想しています。

今年日米で起こる重大な出来事はアメリカ大統領選挙と日本の参議院選挙です。(その他突発的な出来事が起こるかもしれませんが確実に起こるのはこの2つです。)このうち前者は今の段階では予測困難ですが、後者は自民党の圧勝がほぼ確定しています。ここで自民党が圧勝すれば安部政権の基盤はますます磐石になることでしょう。

そうなるとドル円相場はどう変わるのでしょうか。実際問題なにも変わらないでしょう。もうアベノミクスの効果は出しきりましたし、政権に他の隠し玉があるわけでもありません。よって自民党がどれだけ勝利して政権基盤を固めても、もう相場に影響を与える事はないのです。

もし野党勢力が逆襲に成功して自民党大敗ということになれば、アベノミクスの挫折ということで円が円高方面にに大きくふれてもおかしくないですが、それはさすがにないでしょう。民主党は壊滅寸前ですし、共産党は勢いがあるといっても自民党をどうこうできるほどではありません。よって自民党圧勝、しかしドル円相場にはたいした影響を与えないということで確定でしょう。

ではアメリカ大統領選挙はどうでしょうか。これは共和党候補が誰になるか読めないので何ともいえません。台風の目であるトランプ候補が勝つかどうかもわかりませんし、仮に勝った場合どうなるかまったく予測できません。アメリカの世論調査では民主党で勝つであろう安定のクリントンと暴言王トランプが激突したらクリントン優位といわれていますが、既得権益クリントンと世直しトランプが激突したらどうなるかわかりません。この2人が激突したら前者のイメージになるのか後者のイメージになるのか読みきれないので、なんとも言えないのです。

それを承知でおおざっぱに言えば、クリントンが勝てばドル円相場はあまり変わらず、トランプ以外の共和党の誰かが勝てばドル円相場は変わらないかやや円高に(1ドル115円くらいに)トランプが勝てば予測不可能(通貨安政策をしかけてきて1ドル100円を切るかも)といったところではないでしょうか。

スマホでも出来る投資なので会社の休憩時間も気軽に取り組める

By: Graeme Paterson

私の会社ではお昼と夕方に2回休憩タイムがあります。その時に一人でいることが多く、以前は本を読んだりしていました。お昼ご飯を食べてからも30分以上時間があり、何をして良いのかわからない状態でした。この時間が少し勿体ないと感じ始めた時、FXに興味を持ちました。以前から投資に興味があり、会社以外でもお金が稼げる方法と知りたかったのです。投資と聞くとリスクがあるイメージがありましたので、なんとなく手を出すことは止めていました。

しかし、このご時世では老後がとても不安になるのです。働いていても、ずっと会社で働き続けられるのかわからないし、将来が不安だなと思います。会社の給料以外でも何かお金になることを始めたいと思った時、FXのことを調べるようになりました。本などでは稼げると書かれていますが、やはり損をしたりすることもあるようです。FXはまさにハイリスクでハイリターンも望める投資法だと感じます。私は大手のFX会社の口座を開き始めてみました。

もう2年程FXをしていますが、一度だけロスカットされてしまったことがあります。30万年程のお金をなくしてしまいました。その時は十分な証拠金を入れずにギリギリのお金で取引をしていました。損を取り返したいと思い、どんどん入金しながら取引量も増やしすぎてしまったことが原因だと思います。一度ロスカットになってしまったので、勉強を始めたのです。成功している人の参考書を読んだり、過去の為替相場の動きなどを調べました。

どんな通貨なら稼ぎやすいのかよく調べたのです。もう一度挑戦してみようと思った理由は、FXはハイリターンも望めると友人から聞いたことでした。それ以来、本当に少ない金額で始めています。1000通貨だけで取引をしているし、レバレッジも2倍にしかしていません。確実に為替相場の動きがわかる時だけ取引をするように慎重になりました。自分が一度失敗したことで、慎重に取引をするようになり、今では利益が出るようになりました。

FXという金融商品についての簡単なご紹介

By: Kevin Dooley

FXという言葉はよく耳にするけれども、それはいったい何であるのかをご存じでない方もいらっしゃることでしょう。ここでは簡単にFXというものを紹介してみたいと思います。FXとは正式名称が外国為替証拠金取引というものであって、いわゆる先物取引になります。分かりやすく言うと、日本円ではなくて外国の通貨に投資して利益を得ようというものです。それでは、外貨預金と同じものかと言えば同じではありませんが、基本的には同じ様なものと理解してもらって良いかと思います。

外貨預金の場合は、銀行で金融商品として扱っていますので、それらで口座開設されればよいですが、FXの場合は、多くはネット証券会社で口座を開設することになります。主なところではGMOクリック証券、楽天証券などがFXという金融商品を扱っています。FXは確かに外貨預金に似た金融商品ではありますが、その特徴としてはレバレッジというものが使えることにあります。レバレッジとは、手元に少しの資金しかなくても大きな資金を動かすことができるというものです。

例えば、手元に10万円しかなくても100万円に相当する外国通貨に投資することができるのです。これにより、大きな利益を得るチャンスが広がることになります。当然のことながら、大きな資金を動かすことができるのですから、逆に大きな損失をしてしまう可能性もあります。これが外貨預金とFXとの大きな違いと言えると思います。簡単に一言でいえば、FXは外貨預金よりハイリスクハイリターンであると言えるでしょう。

でも、外貨預金よりFXの方が優れている点もあります。それは、手数料が外貨預金にくらべるとFXはとても安いと言えます。銀行が扱っている外貨預金に投資しようとすると、日本円から外貨に両替するときに手数料が取られます。この手数料についてはFXの方が断然お得なのです。FXに投資されようとされる方はよくよく勉強されてから投資されることをおすすめいたします。